Tokyo University of Agriculture and Technology
- Research Portal Website

HOME 研究活動 知的財産(発明・特許関係)活動知的財産ポリシー

知的財産ポリシー

国立大学法人東京農工大学知的財産運用ポリシー

国立大学法人東京農工大学(以下、「本学」という。)は、研究に関する目標として、「持続発展可能な社会を実現するために、農学、工学及びその融合領域において最高水準の研究」及び「学術的・社会的に貢献度が高く、質の高い研究」を推進することを掲げている。

また、研究成果の社会への還元等に関しては、「研究で得た成果を人類共通の財産として広く社会に還元すること」及び「社会の持続的な発展及び人類の知的・文化的物質的生活の向上への貢献すること」を目指している。

さらに、本学では、教育と学術研究の基本的使命に次ぐ第三の使命として、産官学連携を機軸とした知的創造サイクルの形成による新技術創出及び新産業創出への寄与を掲げ、社会へのより直接的な貢献を図っている。

このような本学の目標と使命を達成する過程で創造される知的財産の保護及び活用を図るために、以下のような「知的財産運用ポリシー」を掲げる。

(1)研究連携を通して、大学と社会とがともに利益を得る体制を構築し、知的創造サイクルの形成を目指す。

(2)大学と企業等との契約による連携を基本とし、知的財産を適切に保護し活用する。

(3)職員等が行った職務発明等の知的財産は、原則として本学に帰属する。ただし、職員等が職務上作成した学術論文及び教育用資料は、別段の契約に基づき作成されたものを除き、職員等に帰属する。

(4)ベンチャー起業の促進、競争的研究資金の獲得及び技術移転の促進の観点に立って、知的財産を保護しその活用を図る。

(5)知的財産の創造、保護及び活用を図るため、農工大ティー・エル・オー株式会社と緊密に連携する。