Tokyo University of Agriculture and Technology
- Research Portal Website

HOME 各種申請・届出 特別研究員(日本学術振興会)への応募について応募の手順(若手研究者海外挑戦プログラム)

応募の手順(若手研究者海外挑戦プログラム)

 このページでは日本学術振興会若手研究者海外挑戦プログラムへの応募手続きを掲載しております。

応募にあたっての注意事項

<申請について>

・応募にあたって日本学術振興会のHPに掲載されている募集要項(特に応募資格)を必ず確認してください。

募集要項

・申請は電子申請システムを利用して書類を提出します。

<申請書類について>

【申請内容ファイル】については日本学術振興会のHPからダウンロードした様式で作成することができます ので、研究計画、研究業績についてご作成ください。

・評価書、受入意思確認書について、電子申請システムの【申請書情報】で入力した情報を元に作成者にメールで作成依頼が送信されます。書類の作成の時間を考慮し、【申請者情報】は早めに作成 してください。

申請書類の提出先
府 中地区 : 研究支援係 hkenkyo@cc.tuat.ac.jp(内線5894)
小金井地区 : 産学連携室 kkn-2011@cc.tuat.ac.jp(内線7008)

1. ID・パスワード発行依頼をする。

電子申請システム用ID・パスワード発行依頼書に必要事項を記入のうえ、学内担当窓口に提出する。

期限

平成30年9月3日(月)12:00(厳守)

提出物

上記提出先に電子メール(ファイル添付)により、ご提出ください。メールの件名は「H31電子申請ID依頼書」 としてください。

 

2. 【申請内容ファイル】を作成する。

 日本学術振興会ホームページ から【申請内容ファイル】(Word)の様式をダウンロードし、ファイルを作成する。 ※作成にあたっては、作成要領を熟読すること。

3. 電子申請システムにより申請書を作成する。

  1. 学内窓口から発行されたID・パスワード発行通知書を元に電子申請システム にログインする。(操作手引等については必ずダウンロードして、手順についてご確認ください。)電子申請システム「申請者向け操作手引」ダウンロードページ
  2. 【申請者情報】(WEB入力項目)を入力する 。
  3. 入力完了後、「申請書情報の確認」ボタンをクリックしてPDFファイルをダウンロードし、内容を確認する。
  4. 修正がある場合にはWEB上で修正し、再度、PDFファイルを確認する。(作成の途中で一時保存で入力情報を保存した後、再開することもできます。)
  5. 最終的に完成した段階で完了ボタンを押す。
  6. 「申請書情報入力」画面で入力した評価書作成者、受入研究者宛に書類の作成を依頼する。(作成依頼を実行すると、作成者宛に作成依頼メールが送信されます。)
  7. 予め作成した【申請内容ファイル】を電子申請システム上で登録し、PDFファイルを作成の上、内容を確認する。
  8. 【申請書情報】、【申請内容ファイル】のPDFをダウンロードする。(ファイルの背景に 「提出確認用」の透かしが無い状態 であることを必ず確認してください。)

校正版提出時には「確認完了・提出」をクリックしないでください。 ただし、本提出の際には忘れずにクリックしてください。(「確認完了・提出」を押してしまった後に修正したい場合は、研究支援課へご連絡ください。)

4.校正版を提出する。(必ず校正を受けてください。)

校正版締切: 平成30年9月5日(水)12:00(厳守)

【提出物】
申請書【申請書情報、申請内容ファイル】を上記提出先に電子メール(ファイル添付)により提出する。メールの件名は「H31若手プロ申請書」としてください。

*校正版提出の際には評価書、受入意思確認書が提出されていない状態でも構いません。

5. 校正版が返却されたら訂正箇所を確認の上、本提出用を送信する。

本提出の締切: 平成30年9月12日(水) 12:00(厳守)

 すべての申請書類(評価書、受入意思確認書も含む)が揃ったことを確認し、電子申請システム上で「確認完了・提出」ボタンをクリックし、申請書類を送信する。 (「確認完了・提出」ボタンをクリックしないと日本学術振興会へ申請書を提出することができません。)なお、紙媒体のものを提出する必要はありません。

【提出書類】
 ・申請書(申請書情報、申請内容ファイル)
 ・評価書(評価者1名分)
 ・受入意思確認書