Tokyo University of Agriculture and Technology
- Research Portal Website

HOME 各種申請・届出 科研費について 内定後の手続き内定後の変更

内定後の変更

補助金の次年度使用(繰越し)申請

 補助金が交付されている研究課題(補助事業)のうち、交付決定時には予想し得なかった繰越要件に合致するやむを得ない事由により、年度内に補助事業を完了することが困難となった研究課題については、事前に申請手続きを取ることで、当該年度の補助事業を翌年度まで延長し、未使用額の範囲内で研究費を翌年度に繰越して使用することができます。研究期間の初年度や最終年度でも、繰越事由に該当すれば、繰越しが可能です。

基金の次年度使用

 基金は、研究課題の研究期間全体について補助事業期間が設定され、当該期間全体の研究費が初年度に一括して交付決定されるため、研究計画の変更等に伴い年度末に未使用額が生じたときに、交付決定額の範囲内であれば、研究計画最終年度を除く研究期間内で、事由を限定することなく、事前の申請手続きを要せず、研究費の次年度使用が可能です。

基金の補助事業期間の延長申請

 基金において、研究計画最終年度にあたる研究課題のうち、研究計画の変更等に伴い年度末に未使用額が生じるため、補助事業期間を延長し、未使用額の範囲内で研究費を翌年度に使用することを希望する場合は、事前(補助事業期間内)に申請手続きを取ることで、1年度に限り、補助事業期間を延長することが可能です。育児休業等の取得又は海外における研究滞在等に伴い補助事業期間を延長している場合でも、同様に延長後の最終年度に更に申請手続きを取ることにより、補助事業期間を延長することができます。

補助金の前倒し使用申請

 研究上の必要に応じて、事前に申請手続きを取ることにより、翌年度以降の調整金から前倒し使用分を追加交付する「調整金」制度を利用し、次年度以降の研究費の前倒し使用を行うことが可能です。

基金の前倒し使用申請

 基金は複数年度にわたって補助事業期間が設定されるため、その期間内であれば、事前に請求手続きを取ることにより、研究上の必要に応じて、研究費の前倒し使用が可能です。