Tokyo University of Agriculture and Technology
- Research Portal Website

HOME ニュース イベント「イノベーション・ジャパン2016」(8月25-26日)への出展報告

「イノベーション・ジャパン2016」(8月25-26日)への出展報告

2016年09月13日

 8月 25日(木)~26日(金)、東京ビッグサイト(東京・江東区)において「イノベーション・ジャパン2016」が開催されました。
 JSTとNEDOの主催によるこの見本市は13回目を迎え、大学等のシーズと産業界のニーズの新たな結合による社会還元へのスタートの場として、今年も2日間で総来場者は2万人を超える規模となっています。

 本学からは、先端機械システム部門の篠原教授、石田准教授、先端物理工学部門の三沢教授が出展し、500名を超える企業、機関の関係者が本学ブースに訪れました。

【展示ブースの様子】
○篠原教授ブース-装置・デバイスエリア
・出展タイトル「極限サイズの超高密度ヘリコンプラズマ生成と高速流制御」
篠原教授、桑原助教らによりプラズマ源の生成や制御に関する最新技術と産業界に向けた応用展開例をビデオなどを使用して紹介しました。


○石田准教授ブース-情報通信エリア
・出展タイトル「香りの出るテレビ・タブレットコンピュータ」
石田准教授、松倉特任助教らにより、モニターに映った食べ物や花などの画像の位置から画像に合わせた香りを漂わせる装置を展示し、来場者に体感していただきました。


○三沢教授ブース-ライフサイエンスエリア
・出展タイトル「生体内で小分子薬剤の濃度分布を3次元可視化する」
三沢教授、小原助教、伊藤特任助教らが産学連携の成果として実用化した、ラマン分光を用いた生体内での薬剤分布の非破壊測定が行える装置についてビデオ動画を中心に紹介しました。

 このように来場者が応用をイメージしやすい展示により密度の濃いやりとりが行われ、今後の連携活動の加速が期待されます。


○篠原教授、石田准教授によるJSTショートプレゼンテーション

イノベーション・ジャパン2016全体の詳細についてはこちらからご覧ください。