Tokyo University of Agriculture and Technology
- Research Portal Website

HOME 各種申請・届出 特別研究員(日本学術振興会)への応募について応募の手順(若手研究者海外挑戦プログラム)

応募手順(若手研究者海外挑戦プログラム)

【はじめに】日本学術振興会若手研究者海外挑戦プログラムへ応募する手順

 この頁では、日本学術振興会(以下「学振」という。)若手研究者海外挑戦プログラム令和3(2021)年度採用分へ応募する手順を記載しています。
  
 学振のホームページに、募集要項、申請書の様式及びその作成要領が、また、学振の電子申請のご案内ページに日本学術振興会電子申請システム(以下「電子申請システム」という。)操作手引(海外特別研究員・機関申請用及び若手研究者海外挑戦プログラム用)等が公表されましたので、必ず、確認の上、応募手続きを取ってください。

 ■ 申請に係る書類の種類、作成方法、提出期限は、次のとおりです。

申請に係る書類の種類   作成者  作成方法   提出期限【厳守】
電子申請システム
ID・パスワード発行依頼書 
申請者 本頁の発行依頼書(Excel形式:76KB)をメール送信

第1回:令和2年8月25日(火)12時 

第2回:令和3年3月26日(金)12時

申請書   申請者情報 Web直接入力 

 

事務確認版の提出期限:
第1回:令和2年8月28日(金)12時 
第2回:令和3年3月29日(月)12時 

完成版の本提出期限:
第1回:令和2年9月4日(金)12時
第2回:令和3年4月7日(水)12時

 

申請内容ファイル 学振のホームページの様式に記入し、Web取込
評価書

本人の研究を良く理解している研究者

Web直接入力

※ 学内応募手順の詳細を、次の1.~7.でご確認ください。 

1.令和3(2021)年度採用分募集を確認する

■ 申請手続きの際に必ず確認してください

■ 疑問点について

は、まずは学振のQAをご参照ください。
【参考:QA】学振QA

2.電子申請システム用 ID・パスワード発行依頼をする

 

提出期限

  第1回:令和2年8月25日(火)12時 
  第2回:令和3 年3月26日(金)12時 

提出書類・方法

発行依頼書(Excel形式:76KB)
下記に記載のメールアドレスに発行依頼書を提出してください。
※ メールの件名を「R03電子申請ID依頼」としてください。担当者より、発行日をお知らせします。

提出先

府   中地区 研究業務係(hkenkyo[at]cc.tuat.ac.jp)
小金井地区 産学連携室(kkn-2011[at]cc.tuat.ac.jp)

※ 本学連合農学研究科(茨城大学・宇都宮大学で研究に従事している者を含む)に在学している申請者は府中地区へ提出してください。

 ※ パスワードの受領後、必ず、電子申請システムにログインできることをご確認ください。

3.申請内容ファイルを作成し、登録する

 申請内容ファイルは、学振のホームページから様式をダウンロード(Word等)して作成し、下記4.の申請者情報の入力完了後、電子申請システムの「申請書管理」画面で、登録してください。
※ 申請内容ファイルは、下記4.の申請者情報の入力前から作成することを推奨しています。

【参照】

4.申請書情報を入力する

 電子申請システム上で、必要事項を直接入力してください。
※ 申請書情報の入力完了後、順不同で、申請内容ファイルの登録や評価書の作成依頼を行うことができます。

【参照】

5.評価書の作成を依頼する

 電子申請システム上で、申請者情報に登録した評価書作成者に評価書の作成を依頼してください。

【評価書の作成希望日は、完成版申請書の本提出期限前に設定してください。評価書を含む全ての書類が揃わない場合、学振への完成版申請書の本提出(システム送信)が行えません(応募できません。)。】

【参照】

6.事務確認版を提出する ※必ず確認を受けてください

提出期限 

第1回:令和2年8月28日(金)12時

第2回:令和3年3月29日(月)12時
※ 事務確認は必須であり、期限厳守のため、場合によっては、申請内容ファイルの登録や評価書が完了していなくても、申請者情報の事務確認を受けてください。

提出書類・方法 

申請書(申請者情報、申請内容ファイル)を紙媒体またはPDFファイルで提出してください。
事務確認版の提出の際は、申請書の提出処理を行わないでください。【下記※参照】
紙媒体で提出するときの印刷設定は、グレースケール両面印刷、のり付け・ホチキス不要です。

提出先  上記2.の提出先と同じ

 ※ 事務確認版の提出の際は、電子申請システム申請者向け操作手引(海外特別研究員・機関申請用および若手研究者海外挑戦プログラム用)(p.93~p.96)の「2.3.5 申請書の提出」の処理を行わないでください。電子申請システムの「申請書管理」画面の「確認完了・提出」ボタンの押下があった場合は、本提出があったものとみなし、その内容で学振に提出されることがあること、ご承知おきください。「確認完了・提出」ボタンを押下してしまった後に修正をしたいときは、下記の学内事務担当者窓口へご連絡ください。場合によっては修正できないことがありますので、押下前の確認を十分に行ってください。

7.完成版を本提出(システム送信)する

提出期限  第1回:令和2年9月4日(金) 12時 期限厳守
 第2回:令和3年4月7日(水) 12時 期限厳守 
提出書類・方法 

   申請者情報

   申請内容ファイル

   評価書(評価者1名分)

 評価書を含む全ての申請書が揃ったことを確認し、 電子申請システムの「申 請書管理」画面で、「確認完了・提出」ボタン押下して、本提出(システム送 信)してください。ボタンを押さないと、本学から応募する全ての申請書を学振に提出することができません。

 

問い合わせは在籍地区の学内事務担当者窓口まで

府 中地区:研究業務係 042-367-5894 hkenkyo[at]cc.tuat.ac.jp 地図(23.本部管理棟1階)

小金井地区:産学連携室 042-388-7008 kkn-2011[at]cc.tuat.ac.jp 地図(34.管理棟(工学部事務部)2階)